里山と森の音楽俱楽部

設立の経緯・思い

「里山と森の音楽俱楽部」は、共に幼稚園勤務経験があり年数回の音楽活動をしていた3人のメンバーが、音楽を通して他の人にできないことができたらという思いで2015年に会を立ち上げました。

 

自然豊かな犬山の中で、様々なジャンルの音楽を聴いたり演奏したりすることで自然と音楽の繋がりを感じ、世代を超えて人と人との交流ができることを目的に “犬山里山学センター”において心温まる  森の音楽会を開催してまいりました。

どんな活動をしているか

年に1~2回の定期演奏会を設立メンバー「チェリーブロッサム」を中心に、“犬山里山学センター”で行っています

・第5回 森の音楽会  2016年11月20日

オカリナ四重奏「響(ゆら)」と共演

・第6回        2017年4月16日

アイリッシュハープ&ピアノ弾き語り と共演

・第7回        2017年11月19日

音大芸大卒業者による「フェリーチェ」 と共演

・第8回        2018年4月15日

童謡誕生100年の節目に、声楽家 を迎え共演

・第9回        2018年10月21日

ギター・マンドリン アンサンブル と共演

・第10回       2019年10月20日

オカリナデュオ と共演

今後 望むこと

コロナ禍でもあり活動が先細りになってきてはいるが、この調査を機に改めて初心に帰り

気負わず、自分たちが目指してきたものを再確認しながら活動をしていきたい。

今までのコンサートでは、他の方とのジョイントが多く そのためには謝金の用意も要る。

そのために有料にすると 今度は著作権の使用料が発生するという悪循環。今後は任意のワンコイン コンサートなどの企画で、自分たちだけのコンサート形式で地道にやっていきたいと思っています。

協働プラザからの情報公開を通し、他の団体との新しい出会いができるといいですね。

団体情報

団体名:里山と森の音楽俱楽部
設立:2015年
代表:大島直美

次の記事

カモミール